地下用途でPreprufe®防水材を使用する20億ドルの発電プラント

GCPはシンガポールの再生可能エネルギー製造施設の防水工事を促進しました。
クライアント
Renewable Energy Corporation ASA (REC)
GCPのソリューション
Preprufe® 300R 防水材
概要

プロジェクト

オスロに拠点を置くRenewable Energy Corporation ASA(REC)は、シンガポールで世界最大の太陽エネルギー製品製造施設を建設しました。このプロジェクトの第1段階では、シンガポールの西部Tuasにある—25ヘクタールの敷地に—20億米ドルのコストで統合製造施設を建設する必要がありました。

Tuasの製造工場は、国際電力業界市場向けの太陽電池、セルおよびモジュールを製造しています。このようなクリーンで再生可能なエネルギープラントである研究開発は東南アジアで初めてで、Tuasの複合施設の重要な部分を形成しています。

"防水材Preprufe®を使用することで、REC施設建設時の防水工事のスケジュールが改善されました。"
課題

REC製造工場は、自然土壌よりもぎっしり詰まった土壌を持つ埋立地にある土地に建設されました。土壌の地盤沈下、および下位構造の防水への影響についての懸念がありました。この電力業界の製造施設および研究所で実施された作業は、環境に配慮したものであったため、水分および防水仕様は6%以下という厳しい設定になっていました。

タイトな建設スケジュールは別のプロジェクトの課題でした。7万平方メートル超の表面積を被覆する防水工事のために、合計8か月が割当てられました。性能を損なうことなく防水製品を迅速かつ効率的に使用することは、防水オプションを検討する際に極めて重要な要因となりました。

ソリューション

高性能の蒸気バリアを設置することが、防水性を確保するために重要でした。慎重に評価した後、電力産業プロジェクトチームは基礎スラブの下側にPreprufe® 300R 先やり防水シートを選択しました。 

Preprufe® membranes can be applied to smooth prepared concrete or compacted sand horizontally, or permanent formwork or adjoining structures vertically. This speeds up application and construction. Concrete is then cast directly against the membrane’s adhesive side.

Preprufe® waterproofing forms an integral bond with the concrete, providing a unique seal against the migration of water and remains unaffected by ground settlement beneath slabs.

Blue360sm Product Performance Advantage:プロジェクトの規模を問わず、最高の保護を提供します。

gcpat.jp | 日本の顧客サービス:81 3 5226 0231

この文書は、下記の最終更新日現在のものであり、日本でのみ有効です。 使用時に最新の製品情報を提供するには、以下のURLで現在入手可能な情報を常に参照することが重要です。 Contractor Manuals、Technical Bulletins、Detail Drawings、詳細勧告などの追加資料や関連資料は、www.gcpat.jpでも入手できます。 他のウェブサイトにある情報は、最新のものではなく、あなたの所在地の条件に該当しない可能性があり、その内容に関する一切の責任を負いません。 競合が発生した場合、または詳細情報が必要な場合は、GCPカスタマーサービスにお問い合わせください。

Last Updated: 2018-11-30

https://gcpat.jp/ja-jp/about/project-profiles/2-billion-power-industry-plant-uses-preprufe-waterproofing-below-grade