ハリケーンシーズンに向けての住宅での準備

毎年6月1日から11月30日までが大西洋のハリケーンシーズンです。9月初めまでに対策を講じていない場合、手遅れになることもあります。ハリケーンによる災害は、高潮や強風、竜巻、洪水など、さまざまな形で発生します。家庭や企業、地域社会にとっても、これらの危険のすべてに対処する計画を策定しておくことが不可欠です。

事後ではなく事前に行動

ご自宅の屋根とその保証内容を理解する

ご自宅の屋根の建設や保証に関する書類をお読みください。屋根の施工方法を理解することは、現状を評価し修理や改修が必要かどうかを判断するための第一歩です。保証の契約条件を理解することで、保証が無効になるような変更を行うことを回避できる場合があります。

屋根の問題箇所を探す

屋根板の緩みや湾曲、瓦の破損や欠けはすべて修理が保証されます。フラッシングや排水システム、通気孔や天窓などの付属品も点検し、追加のファスナーやハリケーンクリップなどの屋根構造への補強が必要な場合は、訓練を積んだルーフィング専門家にお問い合わせください。

屋根以外では、家のドアや窓が主要な漏れの発生源になることもあります。最も一般的な原因は、飛散した破片による窓の破損です。しかしながら、窓やドアが十分に閉ざされていても、特にフラッシングや防水が不十分な場合には、これらの箇所から風雨が家に吹き込んでくることがあります。水による被害の兆候は次の通り:

  • 窓のトリムや敷居の周りのシームの漏れや破損
  • 不均一なドアフレーム
  • 変色した石膏ボード
  • はがれた壁紙
  • 欠けたまたは割れたスタッコ仕上げ
  • 壁、断熱材、電気系統のカビや腐敗
  • 家の内部の塗料のはげ、ひび割れまたは水泡形成

適切な製品を使用する

修理が必要な場合は、わずかな節約のために品質を軽視しないでください。ハリケーンや暴風雨に関連した損傷の多くは、屋根の覆いやサイディングが吹き飛ばされて水が浸入したことに起因します。このため、屋根板とサイディングの下に防水保護の二次層があることが不可欠です。適切な防護措置が講じられていないと、結果として生じる水漏れが内部損傷の主原因となるほか、腐敗およびカビの潜在的な原因にもなるのです。腐敗やカビは、大きな構造的損傷だけでなく居住者の潜在的な健康問題までも引き起こすおそれがあります。

屋根: FEMA(米連邦緊急事態管理局)は、全面接着型の屋根下地材の使用を推奨しています。 Grace Ice & Water Shield®のような屋根下葺き材は沿岸地域や内陸部のハリケーンの影響を受けやすい地域の住宅の二次的な防水材として機能します。屋根の覆いが吹き飛ばされたり、水が屋根板の下に浸入しても、これらの下地材が水の侵入を防ぐ鍵になります。

窓やドアなど:  Vycor®フラッシング製品ラインなどの柔軟なフラッシングを窓やドア、コーナーボード、その他の屋根以外の細かい場所を含む最も脆弱なスポットをシールするために使用することができます。適合性が高い自己接着型の防水シートは、壁の被覆システムの不要な開口部の周りに耐候性バリアを形成します。GCPのWebサイトでは、より詳しい案内のため 住宅の防水に関するインタラクティブガイド を掲載しています。

プロを探す

安全に作業を行うことができる十分な知識を備えた信頼性の高い専門家を探します。通常は、すべての点検やメンテナンス、修理は熟練した経験豊富な人員が行うのが最適です。その際、高品質の材料を使用するように要求することが推奨されます。安価で低品質の製品を選択することで節約できる金額は、水の浸入による損傷に比べればわずかなものです。最高の屋根下地材の選択方法については、こちらの解説画像をご参照ください。

嵐による被害の修復には信頼できる施工業者を見つけ、頑丈な屋根によって家計や住宅を将来の暴風雨被害から守るようにしてください。

Tags
  • Residential buildings
  • VP 5
  • ウェザーバリア
  • オーナー
  • 下請業者
  • 住宅用
  • 合成下葺き材
  • 屋根下葺材
  • 屋根材
  • 請負業者