オハイオの建築家の家:屋根から窓まで

Dan Meehanの建設中の退職後に住む家と美しいエリー湖のドローン映像。映像提供:Jonathan Fields

 

​環境上の課題を設計上のメリットに転換し、実に興味深い湖畔の住宅を建設

オハイオ州の建築家Dan Meehanは、退職後に住む夢の家をエリー湖畔に設計・建設しているところで、「優先順位や課題と取り組み、建築物やスペースの質を大きく向上させ、エキサイティングなソリューションに転換するのは楽しみでもありました」と話します。

五大湖のひとつであるエリー湖のほとりに住むということは、最高の景観も楽しめるということです。最高に美しい景観。極めて魅力的な自然の景色と水面に映し出されるクリーブランドの稜線。それに、最高の天候。

建築家のDan Meehan は、退職後に住む夢の家を、湖の砂嵐と横殴りの雨にも安心して耐えながら、美しいエリー湖の眺めを最大限に活かすものに仕上げるためにあらゆる予防策を講じなければなりませんでした。

自己接着型の耐候性バリアVycor® enV-S™ は、彼の住宅のすべてのサイディングの下を完全に包み、密封することができます。Ice & Water Shield® が屋根全体を保護します。

Dan Meehanは「屋根施工業者は、( Ice & Water Shield®の)超長いストリップを切りませんでした」とし、「3人で対処できる長さのストリップを切っただけで、それでも2日以内に屋根全体を覆うことができました」と話します。

また、金属製のドリップ端を使用してIce & Water Shield® と特注のBoralのイブモールディングの間をブリッジしました。Meehanは、雨樋よりも屋根のディテールを面白くするための設計上の決定だったと説明します。

Meehanは「屋根を乗せ終わったら、大工に窓の設置を始めてもらいました」とし、「なにかが風に吹き飛ばされたり、窓が壊れたりしないように、屋根が完全な状態で乗せられているのは素晴らしいことです」と語ります。

しかし、風が屋根のかなり大きな部分を吹き飛ばしてしまうかもしれません。Danは、風定格が「非常に高い」よりヘビーなゲージの押出アルミニウム製外装窓を設置しているところです。家全体を通じて、ダブルハング窓と開き窓両方を取り付けています。

ダブルハング窓は、Dan自慢の窓作品です。クロスセクションが厚く、エリー湖のすばらしい世界が眼前に広がる4 x 4フィートの幅、高さ9フィートの巨大な窓です。

Danは「家の中でよく座って、外を見る場所には、内側にスクリーンを設置したくありませんでした」とし、「見栄えがしないので、木のモールディングを見る方がいいのです。外側にスクリーンを設置することができたので、眺めを楽しむ場所は、開き窓ではなく、ダブルハング窓にしたいと思いました」と説明します。

Danは住宅の湖に面する側を10度傾斜させました。Danや妻、来客がこれらの大聖堂にあるような大きなダブルハング窓から外を眺める際に、いくつかの窓からは個人所有の公園と湖が見え、別の窓からはクリーブランドの稜線が見えます。

「それは私が工夫したこの家の設計上のトリックです。」

もっと読む

Tags
  • Consultant
  • Distributor
  • OAHome
  • Residential buildings
  • ウェザーバリア
  • オーナー
  • ビルディング・エンベロープ・ソリューション
  • 下請業者
  • 住宅用
  • 屋根下葺材
  • 屋根材
  • 建築家
  • 請負業者
  • 防水材