GCPのイノベーションと専門知識が評価され、注目のロンドンのクロスレール防水プロジェクトに採用されました

2,000 m2 以上の Preprufe®防水 シートで クロスレールのトッテナム・コート・ロード駅をシール施工します

 クロスレール の設計者たちは、路線の多くの駅のために高性能の防水材を必要とし、GCP Applied Technologiesに助言を求めました。それは正しい判断でした。

専門知識を有するスタッフに支えられた60年以上の製品イノベーションに加え、それらを組み合わせた3世紀を超える歴史に支えられて、GCPは地下構造物を水、ガスおよび腐食性土壌による損傷から守る防水保護を提供するための充実した製品ラインを継続的に開発しています。

​クロスレールについての詳細

強力な防水材のポートフォリオ

GCP(旧Grace Construction Products)は、数十年にわたって、業界の変化に対応する製品や技術を導入してきました。

Bituthene® は、冷工法による自己接着型の業界初の防水シートです。 Preprufe®はAdvanced Bond Technology™を採用し、コンクリートを水から守るための不透過性の保護シールを形成する初の先やり防水シートです。 Preprufe® PlusはZiplap™ 技術を採用しており、難しい細部を保護するための接着性の両面ラップがあるため、迅速かつ容易に使用できる防水シートです。

 Silcor® 900HAなどの塗膜防水工法は、手作業のシームレスな単層ソリューションで、屋根の継続的な防水完全性を確保します。GCPはコンクリートの透水性と乾燥収縮を大幅に低減させるため、 Adprufe® を開発しました。

GCPの防水材ポートフォリオはほとんどすべての クロスレール の駅のシーリングに使われています。

無料のコンサルテーションについては、こちらからお問い合わせください。

Tags
  • Mass transit
  • Transportation Infrastructure
  • 下請業者
  • 止水板
  • 防水材