輸送インフラプロジェクトには、テムズ川からの水をくい止める防水対策が求められます。

クロスレール鉄道にはロンドン市街地の地下30メートルの高さまで42キロにわたる新しいトンネルが通っています。これはヨーロッパにおいて、最大のインフラプロジェクトです。また、大量の地下水に対処することを意味します。当社が建設に関してサポートするように任命されました。

クロスレール鉄道は2009年に創業しました。以来、当社はカスタマイズされた防水ソリューション、ディテーリングおよび現場サポートを8つの大型駅に提供してきました。カナリー・ワーフ駅だけでオリンピックプール40個分を満たすに十分な地下水がありました。しかし、Preprufe®防水材による保護やBituthene® Liquid Membrane(液体防水膜)、Adcor®水膨張性止水材などのソリューションで構造の乾燥を維持することを支援しました。

最初の列車が2018年に始動すると、Crossrailはロンドン中心部の旅時間を短縮し、鉄道容量を10%増加させることが期待されます。

厳しい砂漠気候における公共交通機関でも皆さんの予想に反して防水対策が必要です。

事実:砂漠の下には膨大な量の水があります。カタールの鉄道会社がドーハ地下鉄網の建設を開始したとき、彼らは防水が必要であることを知っていました。たくさんあります。

他に考慮しなければならない点として、90°F/32℃という平均気温が挙げられます。補強材とコンクリートに損害を与える塩化物と硫酸塩の存在も複雑な課題です。

さらに、建設仕様書によれば、駅は120年の設計寿命を通じて完全に乾燥した状態に保たれなければならないと記載されています。

これらの課題を解決するために、防水シートPreprufe® Plusが100万平方メートル以上必要になりました。防水シートは実際にコンクリートに結合します。これにより、防水層の背後から水が浸入するのを防ぎ、地面の動きによる問題にも対処します。

中東最大のインフラストラクチャープロジェクトの1つを構築し保護する方法

この全長450kmの高速鉄道は、イスラム教の最も神聖な都市であるメッカとメディナを数百万人の巡礼者の入口点となるジッダの紅海沿岸都市と結びます。ハラマイン高速鉄道は、中東最大のインフラ・プロジェクトのひとつです。それは最も挑戦的なものの一つでもありました。

このプロジェクトの中では、4年間で4つの新しい駅を建設する予定です。奇妙なことに地下水も含む過酷な灼熱と砂漠の条件がなくても、それはかなりの難題です。Preprufe®防水シートの出番です。これは地下水位を超えるレベルまでのすべての建築要素を守ります。

駅はロンドンのトラファルガー広場の30倍以上の面積を占めます。これは圧倒的な300,000平方メートルものPreprufe®300Rを消費することになります。